スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HBD!!DEVIL27☆ 未分類

01.23.2011 Trackback:0Comment:10
RIMG2707.jpg
この一週間は、ジェットコースターみたいに
あがったり
さがったり
な日々でした。

今日はちょっと真面目に弱音も吐かせてもらいます。
写真ほぼ抜きで書かせていただきます。
あってもあんま文と関係なしです。だって今週写真とってないんです。
先に言っときますが多分おもしろくないです
私先に言ったからね!!後で文句言わないでね!!

私にとって外国に住むのは人生初の体験。そしてあっという間に100日経ってました。
ここに来て、やっぱり一番感じるのは、
言葉の壁
です。
外国に住んで3ヶ月くらい経つと、ある日突然みんなが何を話してるのかわかるよーになるってよく聞くけど、
まだ全然そんな気配感じられません。
いつ来るんでしょう?私のXデー・・・

勉強が足りてない私が勿論悪いんですが、やっぱりみんなが笑ってる時は一緒に笑いたいって強く感じます。
わからなかったら聞き返せばいい事なんだけど、
例えば逆の立場で、 
私がウケを狙って誰かの話しに軽くつっこんだとして、

「え?今何て言ったの?」
「どーゆー意味??」
「もっかい言って!!」

とか質問されたら、説明すんのすんげーヤだろーなーって思っちゃいます。

インパルスの板倉が徹子の部屋に出たとき、ネタの説明求められて
キレてたこととか思い出しちゃいます。

実際大事な事はみんな繰り返して伝えてくれるけど、どーでもよさそうな話しは、
3回くらい説明しても私が理解出来ないときはあきらめてしまいます。
その時の
「OK,たいした事じゃないから。」
とか、
「I will explain next time.」
とか言われたとき、
あきらめられたことはもちろん、
理解できない自分がもどかしくて、悲しい気持ちになります。

月曜日、
ウォイラムと帰ってて、ウォイラムが笑いながら
「ビスケットがどーたらこーたら」
と話してくれたんだけど、私がわかんなくて3回くらい聞きかえしたら、
「I will think about how to explain it.」
と言って、
それっきり家に着くまで一言も喋ってくれませんでした。

その日は、なんかそれがやたらつらく感じてしまい、家に着いて一人になったら涙が出てきました。

火曜日、
会社に行く途中、私に一本の電話がかかってきました。

その電話の内容は、私たちの商品から針が出てきたという知らせでした。
検針器なんてものがないガーナでは、どんなに頑張っても人の手だけでチェックをしてる以上、
こういうミスが起きることは普通に考えられることでした。

ほんとなら真っ先に問題にするべきところだったのですが、
とにかくこれを機に、
針の恐さ、検針の大切さを
ここはどーしても伝えたい!!
と思い、
辞書と足りない頭フル回転させて、速攻カンペ作って、
その日の早朝会議で
今までの自分の経験と、針がどんなに恐いか、その一本で仕事がなくなる可能性だって
あること、今考えられる解決策や提案を話しました。

話しながら、みんなが一生懸命聞いてくれてる姿を見て、
全然関係ないことに気付きました。

あ、この人たちだって、私がみんなの英語を理解するのが大変なように、
わけのわかんない私の英語理解しよーとするの大変なんだ・・

ってことです。

自分から好きでこの国に飛び込んできたくせに、
自分ひとりがつらいって、勝手に思ってた私が恥ずかしくなりました。

会議後、みんな重く受け止めてくれて、提案も受け入れてくれ、縫い子さん達にも説明して、さっそくチェック表を作ったり、名前入りまち針を使うことになりました。

帰りに代表が「一杯飲んでかない?」
と声をかけてくれ、
そこで「今日はありがとう。」と言ってくれました。
そして、何を察してくれたのか、
「ショーコの英語はちゃんと私達に伝わってるよ。ちゃんと成長してるよ。」
って言ってくれました。

ほんのり酔っ払って家に帰って、ガーナに来て初めて、
訓練所で毎日書かされてた英語作文を読み返しました。
そこには
「何で私が今英語を勉強するのか?」
という題の作文があって、
そこに私は
「試験やTOEICでいい点を取るとかじゃない、
ただみんなと同じ所で笑いたいから
大事な気持ちを相手にちゃんと伝えたいから
そしてこれから先一緒に仕事をしていきたいから」
って書いてありました。

“Don’t be afraid to make mistakes.You will try to say your opinions.
Be positive!!”

そしてこのティーチャーからの素敵なメッセージを読み返して、
なんか急にモチベーションがアップし、
私頑張っちゃうよ~
とか思いながら眠りについたのでした。
RIMG2667.jpg

水曜日、
会社に行ったら、
誰も昨日作った名前入りまち針を使ってない!!!
何で?って聞いたら、
これはうちの会社のオリジナルじゃなくて
他の会社の商品だから~
とか、
この針じゃ少なすぎるから~
とか言われ、
挙句の果てに
商品に針が一本入ってたことなんてよくあるミステイク
的なことを言われました。

昨日話したことってちゃんと伝わってなかったんだとわかり、
がっくりしました。
落ち込んだけど、
落ち込んでばかりもいられないので、
再度縫い子さん達と話し合う時間を作ることにしました。

今度はもっと具体的に例を入れて、想像しやすいように話そうと思い文章を作っています。

例えば私たちは“よだれかけ”とかも作ってるのですが、そのよだれかけにミシンの折れ針が入ってしまったとして、それを赤ちゃんが飲んでしまったら・・・
自分の赤ちゃんだったら・・?!

もし自分が服を買って、その服から針が出てきたら、そのお店でもう一度服を買おうと思えるか?

とりあえず一人でもいいから伝わるといいな~・・・・・

今年に入ってから急に仕事を沢山頼まれるようにもなりました。
資材発注や仕様書書き、生産管理表作り、ほとんど日本でやってたことだけど
英語になるといちいち辞書使わなきゃ、パーツひとつもまともに頼めないし、
仕様書だっていまだにインチに直すとわけがわかんなくなります。
ワードもエクセルもよく使えないのに、英語で生産管理表作るのも超時間かかりました。
日本で10分で出来る仕事を、30分とか1時間かけてやってる自分が時々情けなくなります。

でもスカイプで1Kや豆、やし桃に助けてもらったりしながら、どうにか頑張れてます。
毎日いっぱいいっぱいだけど、相談する相手や助けてくれる人がいる自分はやっぱ幸せだな~っと心から思ったりもします。
PA160075.jpg

木曜日、
朝から全身筋肉痛のように痛くて、昨日何したっけ?とか思いながら会社に。
お昼過ぎからすんごい気持ち悪くなって早退・・
家に帰って熱測ったら38度以上あり、マラリアテストをすることに・・
マラリアではなかったけど、薬飲んでも一晩中熱が下がんなくて、夜中にポカリ作りながら、
あーここではひとりぼっちなんだーとすんごい不安になりました。
ちょうどアイポッドから流れてきた、コブクロの「手紙」って歌が、あまりにも心に染みて、ぼーっとした頭でまた泣いてしまいました。今週2度目です。泣きすぎ?ヤバイよね~

金曜日、
初めて会社をお休みさせてもらいました。
自分が思ってる以上に心も体も疲れてたのかなって思います。
ゆっくりいっぱい寝たら、だいぶよくなりました。
そして、初めて会社休んでわかったことがありました。

ひとりぼっちじゃなかったです。

朝からいろんな人が心配して電話をくれました。
夕方には仕事を終えた職場のみんなが様子を見にわざわざうちまで来てくれました。
土曜日は他の街に住む協力隊とピースコーの子がうちに寄ってジュース持ってきてくれました。
お昼にはペールがフフとライトスープ(ガーナでは風邪引くとこれらしい)
作って持ってきてくれ、洗濯や掃除をしようとしてくれました。 
そしてまたもや何を察してくれたのか、

「ショーコはひとりぼっちじゃないよ。
ガーナでは私たちがショーコの家族だよ。だから変な気は使わないで、辛いときはちゃんと言って。ありがとうやごめんねもいちいち言わないで、当たり前だと思って。」

ペール・・・

あんた・・・・
RIMG0184_20110123011408.jpg


そいえば日本からよく里奈ちゃんがメールをくれるんですが、どんなにつらくても高校生の時からぜんぜん変わらない、

ザ・ポジティブ。

な感じがいつも私を元気にさせてくれます。
何でも前向きに考えることって、ほんとに強い人だからこそできるんだな
って最近思います。
私も里奈ちゃん見習わねばと思う今日この頃です。

何がいいたっかったんだか結局わかんなくなっちゃったけど、
とにかく急に英語が理解できるようになるエックスデーが来る日まで、
焦らず前向きに、目の前にあることをひとつひとつ
ちゃんと向き合って
たとえいっぱいいっぱいでも
それでいーから
その度に全力をつくして
いけたらなと思います。
 
そしたらそのうち
ちょっとは成長してるはず

だよ、ね・・・?

それにしても英語の授業やってる教師隊員とかほんとすごいな~。尊敬。
まこちゃん、先生のが100倍すげーから。

RIMG0588.jpg
RIMG0590.jpg
この人たちもそいえば先生! 一班のみんな、ガーナ隊元気だよ~




そいえばもひとつ書きたいことあったので付け足します!!
今週嬉しいメールが届きました。
去年の10月6日、JICAの事務所で
2年半世界を旅してる
日本人バックパッカー佐藤さん(29)と出会いました。
どーも
って挨拶しただけだったのですが、帰り道みんなと話しながら、
もし自分がバックパッカーだったら、
久し振りに日本人に会ったら日本語喋りたいかも!!
って話になり、事務所に引き返して飲みに誘ってみました。

最初佐藤さんは、
ぼそぼそと山根くんみたいな喋り方で、
時々何言ってるのかもわからないことがあったけど、
実は日本語があまりにも久し振りすぎて上手く使えなかったらしく、
途中から、
日本語を思い出したのか、酒の力か、
すごいテンションでいろんな話しをしてくれました。
PA070328_20110123014050.jpg

マラリアに2回かかった話。
ムンバイでテロにあったこと。
ブルキナファソで密入国で捕まったこと。
ポルトガルのレストランでバイトをしてお金を貯めた話。
どれも信じられないような
深夜特急とかに書いてあるよーな話しばかりで、

なかなか出会えるもんじゃない人と出会えて貴重な話聞かせてもらって
楽しい夜でした。

JICAから支給されてるマラリア予防の塗り薬を勝手に一本餞別にあげ
バイバイして、お互い歩き出して見えなくなった頃、
佐藤さんが急に走って戻ってきました。
忘れ物かと思ったら、
「せっかくだから連絡先を交換しよう」
と息を切らして手帳を出してきました。
最後までほんとおもしろい人でした。

そしてそんな佐藤さんから
こないだメールが届いてました。

今ダカールです。
ここで待つこと一ヵ月半。
ようやくブラジル行きのボートを見つけました!!
今から2週間かけて大西洋を渡ります。
 
マラリア予防薬が切れた瞬間3回目のマラリアにかかったみたいですが、
とにかく、最後の大陸に移る知らせはなんか嬉しかったです。

いつかまた日本で飲めたらなって思います。
佐藤さんの旅が無事に終わることを祈って・・・・・

こんどこそ
さよ~なら~~ん!!
スポンサーサイト
 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。